<< ルート66をゆく―アメリカの「保守」を訪ねて (新潮新書) | main | 藝人春秋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.02.09 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

13階段

評価:
高野 和明
講談社
¥ 680
(2004-08-10)

映画「真夏の方程式」の原作の話をしていた私に、職場の友人が貸してくれた本。
うん、ザッツ・エンタテイメント。
3時間強で一気に読み切ってしまいました!
「金田一少年の事件簿」的な、色んな事件が主人公二人の周りを時系列をズラして取り巻く。
プロットのベースになるのは「人が人を裁くとは…」という結構重いテーマなんだけど、この辺りはひと通り関連の書籍を読みあさった経験があるので、逆にちょっと単純化されてしまってる部分に鼻白んでしまったかも。

スポンサーサイト


  • 2016.02.09 Tuesday
  • -
  • 22:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
著者近影
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
profile
最近のエントリ
recent comment
recent trackback
search this site.
links
archives
others
sponsored links