<< PLUTO (1) | main | The Smiths Is Dead >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2016.02.09 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ファイブ

評価:
平山 譲
日本放送出版協会
¥ 1,575
(2004-10)
まさにバスケットボールを扱ったノンフィクションとしては史上最高の作品間違い無し。
途中から感動して涙が出てきてしまった。
勝利へのストイックさ。
バスケットボールというスポーツへのストイックさ。
チームワーク。
自己犠牲と自己実現。

リストラ云々をモチーフにしなくてもそこには「リアル・スラムダンク」がある。

作品中で描かれる佐古、外山、ノブナガ、後藤、エリックのそれぞれの「エゴ」と「こだわり」と「人間性」が織り成すドラマ。
まさに必読!!!

映画化されるらしい。
必ず見に行きます。

スポンサーサイト


  • 2016.02.09 Tuesday
  • -
  • 10:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
著者近影
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
profile
最近のエントリ
recent comment
recent trackback
search this site.
links
archives
others
sponsored links